2009年05月19日

長時間深夜勤務に130万円賠償命令

郵便会社:長時間深夜勤務に130万円賠償命令 東京地裁

 最長で11時間拘束される深夜勤務を連続で強いられ、健康を害し過労死の恐れが生じたとして、郵便局員2人が郵便事業会社(旧日本郵政公社)に755万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、計130万円の支払いを命じた。鈴木拓児裁判官は2人が業務でうつ病を発症したと認定した。>>続きを読む

 原告は東京都北区の伊藤晴男さん(56)と足立区の重富義明さん(59)。判決は、短時間の休憩で深夜勤務に連日従事させた同社の対応について、2人の健康に対する配慮を怠ったと認定したらしい。

posted by jyaouwin at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

神戸の2高校生も感染確認 国内感染3人に

【新型インフル】神戸の2高校生も感染確認 国内感染3人に

 厚生労働省は16日、新型インフルエンザ陽性が確定した神戸市の高校3年生男子(17)と同じ高校に通う2年生男子(16)と2年生女子(16)2人についても、国立感染症研究所で行った遺伝子検査PCRで新型インフルエンザ感染が確定したと発表した。>>続きを読む

 2年男子は15日に39・7度に発熱、簡易検査でA型陽性と判明、16日に神戸市環境保健研究所で行ったPCR検査で「新型」陽性であることがわかった。2年女子は12日に発熱、16日に同研究所のPCR検査で「新型」陽性になったらしい。

posted by jyaouwin at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

日本は違法コピー率は世界で2番目

日本は違法コピー率は世界で2番目に低いが、損害額はワースト10位--BSA調べ

 ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は5月12日、2008年のコンピュータソフトウェアの違法コピー状況を調べた「第6回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。>>続きを読む

 日本における2008年の違法コピー率は前年比2ポイント減の21%となり、世界で2番目に低かった。ただし損害額は約14億9500万ドル(邦貨換算で約1700億円)とワースト10位という結果となった。

posted by jyaouwin at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。