2009年03月28日

「ヤマハ・VMAX」を奥の奥まで解剖する

日本が生んだマッチョなバイク「ヤマハ・VMAX」を奥の奥まで解剖する

さきほどのモト・グッツィV7 Classicもそうですが昔のモデルのリニューアルというのが最近は多くなっており、このヤマハ・VMAXもそのうちの1つ。もともとは1985年に国外に向けて発売され、後に国内でも人気を博したモデルですが、以前ヘッドラインでもお伝えしたように完全な新型として生まれ変わることになりました。>>続きを読む

 とにかくどこを見ても金属の肉厚感がすごいことになっていて、旧モデルのマッチョさがさらに倍になったような感じ。ブースでもとにかく人気の一台で、色々な世代の人が跨っているのを見るほどのキャッチーさですが、かといって他に似ているバイクがあるかというとそうでもない。「我が道を行く」という言葉がこれほど似合うバイクはなかなかないのではないでしょうか。

posted by jyaouwin at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。