2009年04月03日

米セクハラ訴、訟ロス市に2億円賠償命令

米セクハラ訴訟:女性警官が死産、ロス市に2億円賠償命令

 米カリフォルニア州の連邦陪審は1日の評決で、セクハラのストレスで胎児が死産したとする女性警察官、メリッサ・ボルクさん(45)の訴えを認めロサンゼルス市に230万ドル(約2億3000万円)の賠償を支払うよう命じた。>>続きを読む

 米紙ロサンゼルス・タイムズによると、ボルクさんは96年にロス市警のバレー地区異動後、男性警察官の股間(こかん)に頭を押し当てられたり、4人目の子供を妊娠すると胸のサイズを話題にされた。同年11月、19週の胎児を死産したらしい。

posted by jyaouwin at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。