2009年04月10日

イラク人殺害の米海兵隊員に無罪評決

米海兵隊員に無罪評決 イラク人殺害で訴追

 2004年に米軍が展開したイラク中部ファルージャでの大規模掃討作戦の際、無抵抗のイラク人捕虜を殺害したとして訴追された米海兵隊のライアン・ウィーマー三等軍曹(26)に、カリフォルニア州ペンドルトン基地の軍法会議陪審は9日、無罪評決を下した。>>続きを読む

 検察側は、ウィーマー三等軍曹がほかの海兵隊員とともに、ファルージャの民家で拘束したイラク人捕虜を殺害したと指摘。しかし三等軍曹側によると、軍人で構成する陪審員は、捕虜は反米武装勢力で、混乱した状況の中での正当防衛だったとする同軍曹側の主張に理解を示したという。

 だが、無抵抗だったことには変わりはない・・・

posted by jyaouwin at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。