2009年04月16日

ワインにソムリエがいる理由

ワイン文化、北東北に ソムリエ協会支部が発足

 北東北のワイン振興の拠点となる日本ソムリエ協会北東北支部(福井富士子支部長)の設立式典は十五日、盛岡市内のホテルで開催された。北東北を中心に全国から約二百四十人の会員が出席し、北東北のワイン文化の発展を目指し、志を一つにした。>>続きを読む

 日本全国からトップクラスのソムリエを招いての交流会や勉強会などを開催予定。北東北各地でソムリエ試験やコンクールも開き、会員の知識や質の向上を図るつもりらしい。

 ところでワインにソムリエがいて、日本酒にはいないのはなぜだろう。それはワインが実はマズイからなのである。マズイのに美味いと洗脳するためにソムリエはいるのだ!わっはっはっ、本気にするなよ!

posted by jyaouwin at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。