2009年05月19日

長時間深夜勤務に130万円賠償命令

郵便会社:長時間深夜勤務に130万円賠償命令 東京地裁

 最長で11時間拘束される深夜勤務を連続で強いられ、健康を害し過労死の恐れが生じたとして、郵便局員2人が郵便事業会社(旧日本郵政公社)に755万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、計130万円の支払いを命じた。鈴木拓児裁判官は2人が業務でうつ病を発症したと認定した。>>続きを読む

 原告は東京都北区の伊藤晴男さん(56)と足立区の重富義明さん(59)。判決は、短時間の休憩で深夜勤務に連日従事させた同社の対応について、2人の健康に対する配慮を怠ったと認定したらしい。

posted by jyaouwin at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。