2009年07月02日

「空からオタマジャクシ」の仮説について

珍現象:空からオタマジャクシ…報道後、なぜか報告急増

 空からオタマジャクシが降る珍現象が各地で相次いでいる。真犯人は誰なのか。【河内敏康、山寺香】

 山形県新庄市沼田町では6月24日、民家の庭で約40匹のオタマジャクシが見つかった。家に住む長沼久美さん(34)がイヌの散歩をしようと外に出ると、体長2〜3センチのオタマジャクシが10〜15センチ間隔で散らばっていた。

 落下の衝撃でつぶれたものもあったが、ぬめりがあり、落ちて間もないように見えた。長沼さんは「近くに田んぼも無いのに不思議」と首をかしげる。>>続きを読む

 鳥の吐き出し説に一票!

 だいたい、つむじ風ぐらいのパワーで、水の中のオタマジャクシを空に舞上げることは無理だと思いますよ。竜巻なら十分ありますけどね。

posted by jyaouwin at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122720324
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。