2009年08月29日

大阪市職員27人が市税滞納

大阪市職員27人が市税滞納 給与差し押さえで徴収

 大阪市は28日、職員27人が平成18〜20年度の固定資産税と市民税計122万円を滞納していたと発表した。市は破産手続き中の女性教諭(43)の滞納分7万6千円を除き、給与差し押さえなどで全額徴収を完了した。市の指針では、市税滞納は懲戒処分の対象となる。>>続きを読む

 今年5月の調査時点で、市税を滞納していた職員は市教育委員会事務局11人(うち教諭6人)、環境局6人、交通局4人、水道局2人など。滞納額が最も高額だったのは、建設局の男性職員(62)の17万1千円だったらしい。

posted by jyaouwin at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。