2009年09月14日

世界遺産登録ピンチ…小笠原のチョウ

世界遺産登録ピンチ…小笠原のチョウ、人工繁殖失敗

 小笠原諸島(東京)の母島にしかいない国の天然記念物のチョウ「オガサワラシジミ」の絶滅を防ぐため、環境省が望みを託した人工繁殖が失敗していたことが12日、わかった。>>続きを読む

 同諸島の世界自然遺産登録を目指す政府は、来年1月に候補地推薦の手続きを取る予定だ。このチョウは、広げた羽が約2センチ。外来種のトカゲによる捕食で推定数百匹まで減少しており、生息数の回復が登録への最大の課題だったとか。

posted by jyaouwin at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

「空からオタマジャクシ」の仮説について

珍現象:空からオタマジャクシ…報道後、なぜか報告急増

 空からオタマジャクシが降る珍現象が各地で相次いでいる。真犯人は誰なのか。【河内敏康、山寺香】

 山形県新庄市沼田町では6月24日、民家の庭で約40匹のオタマジャクシが見つかった。家に住む長沼久美さん(34)がイヌの散歩をしようと外に出ると、体長2〜3センチのオタマジャクシが10〜15センチ間隔で散らばっていた。

 落下の衝撃でつぶれたものもあったが、ぬめりがあり、落ちて間もないように見えた。長沼さんは「近くに田んぼも無いのに不思議」と首をかしげる。>>続きを読む

 鳥の吐き出し説に一票!

 だいたい、つむじ風ぐらいのパワーで、水の中のオタマジャクシを空に舞上げることは無理だと思いますよ。竜巻なら十分ありますけどね。

posted by jyaouwin at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

幸運の?白スズメ

幸運の?白スズメ 鹿児島・伊佐

白いスズメ(右)=君付政彦さん撮影

 白いスズメを、鹿児島県伊佐市の自営業君付政彦さん(49)が17日朝、近所のスーパーの近くでカメラに収めた。茶色のスズメに交じって、飛び回っている。 >>続きを読む

 突然変異と言うことです。白いから外敵に狙われやすいというお話もありますなぁ・・・

posted by jyaouwin at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。